しきしまにっき

たんなる日記です

1/16から1/17の仮想通貨大暴落の原因を考察。今後のトレードの参考に備忘録として書き留めておく

昨日2018年1月16日18時頃から1月17日にかけて仮想通貨市場が大暴落した。今回は、この大暴落を今後のトレードの参考にすべく備忘録としてまとめておくことにする。

※ この記事は個人的なメモです。管理人の希望的観測も入っていますので、投資の参考にはしないで下さい。

1月16日18時台の大暴落

1BTC=約132万に

翌1月17日午前7時台にさらに暴落

その後も下げ止まらず1月17日午前7時には一時

1BTC=約100万に

テキスト

この記事を書いている2018/01/17AM10:40現在

1BTC=約130万台に

2018年1月大暴落の原因

原因① 様々な国で仮想通貨を規制する動きに出たため

1月16日からの大暴落の直接の原因は中国が「仮想通貨取引のようなサービスは規制する」という発表に端を発する。1週間ほど前から韓国も規制するかも?という動きに出ていた。中国に続き、インドネシアやドイツ連邦銀行もそれに続く発言をしている。今後の他の国の出方でさらなる暴落もあり得る。

外部サイトより↓

原因② そもそも短期で高騰し過ぎていただけ

2ヵ月前の2017年11月16日1BTC=約85万だったのが、たったの3週間ちょっとで1BTC=240万にタッチした。これは明らかに短期で高騰したため、そろそろ大きな調整が来ても仕方がない。そこに規制という悪いニュースが重なった(規制推進派が重ねてきたのか?)ため急落を招いたものと見られる。大きな調整であるので仮想通貨市場が崩壊したわけではない。楽観的に見れば激しく上昇するための助走にも思える。

原因③ 1月は毎年大暴落がやってきている

ちなみにこれにはびっくりした。このツイートによると毎年同じ時期、つまり1月中旬あたりにBTCの価格が大きく下落している。つまり自分のように12月にお祭り気分イケイケムードで買うと致命傷になる。買うなら1月中旬が正確だった。2019年にはこのことを再び思い出そう...。

この大暴落で大きく損失を出した人

イケダハヤト氏

約 -3600万円

青龍氏

約 -6200万円

ライダー(FXカイジ)氏

約 -9900万円

明日は我が身...。信用取引はヤバイ!12月に浮かれて手を出しそうになった自分に反省...。現物勝負!現物一番!現物ガチホ!

仮想通貨の暴落はいつまで続くか?仮想通貨の今後...

今後は中国を中心とした仮想通貨規制派と日本・アメリカを中心とした容認派の対立が激化するかも。今後も「ワイの国でも規制します」という国が相次ぐかもしれない。しかし、逆に日本とアメリカに続いて仮想通貨を法整備して認めていく国も増えていくと思われる。そして、今回の大暴落が2018年の底である可能性は高い。1月中はまだ下げる可能性もあるが、2月からは回復してきそうだ。

もちろん、大暴落したリップルを始めとしたアルトコインも2月に大きく回復していく可能性がある。今回の暴落で分かったことはBTCの影響がまだ強すぎてビットコインが下がればアルトコインはビットコイン以上に暴落してしまうということだ。まだまだBTC建てで買われたアルトコインが多いのだから当然だ。今後個人的にはアルトコインがビットコイン以上に高騰して利益になった時は、ビットコインに代え、暴落時にアルトコインに仕込む作戦にする。

この下げで手放された仮想通貨は、結局は所有者が変わるだけ...。仮想通貨を欲しがっている大口投資家が底を狙って買うだけである。自分らのような脆弱な個人はただひたすらガチホするのみしか今回の大暴落に勝つ手段はないと思う...。

追記(2018/1/18/8:10) 暴落終了?

  • ① 1月16日18時台 1BTC=約132万
  • ② 1月17日7時台 1BTC=約100万(2018年の底?)
  • ③ 1月17日23時台 1BTC=約105万(←ここを起点に一時上昇に転じる)
  • ④ 2月2日 1BTC=約89万(下落が止まらない)

以上、備忘録おわり

暗い気分の時はこれに限る↓

個人メモ

今後のために肝に銘じること

  1. お祭り騒ぎの時はデカイ金額を突っ込まない
  2. まだまだBTCが基軸であることを忘れない
  3. BTCが下がればアルトはもっと下がる(BTC建て多いから)
  4. 大きく買うなら1月か8or9月
  5. 大きく上がったら何割か利確する
  6. 信用は絶対やらない現物のみで勝負
  7. 基本ガチホで狼藉売りしない
  8. 含み益と含み損は利益と損益でなない