しきしまにっき

たんなる日記です

仮想通貨NEOの将来性はいかに?現時点でかなりのハイパフォーマンスコインに成長!ウォレット放置で資産が増えるワイのガチホ銘柄や♪

どうも。しきしま(@Hisayuki__S)です。

僕は現在15種類以上の仮想通貨を売買していますが、正直、一部の仮想通貨以外はまともに調べずに買ってしまいました。

買いの判断をした基準はまちまちですが、ほとんどがネットで話題になっている通貨や、Twitterでよくつぶやかれている通貨を買っています。

なので、現在は買った通貨について詳しく調べている段階です。(← 手順が逆だろ!って感じですよね 笑)

ちなみに、今回の記事ネタのNEOという仮想通貨は、ウェブボットが「2018年に来るぞ!」的な判断をしている仮想通貨で、割と都市伝説を信じてしまう傾向にある僕は、去年の12月25日に約36.27NEO(日本円で約30万円)を購入して、今もガチホ中です。

そんなNEOさんですが、ここ数ヶ月は調子が良いらしく、早くも2倍以上のパフォーマンスを見せてくれている、僕の中ではリップルに次ぐ期待のスター選手です。

てなわけで、そんなNEOさんについて色々と調べてみたので、自分の備忘録としてまとめおこうと思います。

NEOとは?

中国初のオープンソースのブロックチェーンで、"ブロックチェーンとデジタルIDを使って資産をデジタル化する"通貨らしいです。難しい事はよく分かりませんが、中国版のイーサリアムと呼ばるれ、仮想通貨界隈では結構有名な存在のようです。

  • 発行枚数上限 : 1億NEO
  • 公開日 : 2016年

NEOの将来性

処理能力が早い!

ビットコインの場合だと1秒間に7取引しかできませんが、NEOさんなら1秒間に1万取引が可能です。処理能力で仮想通貨の値段が決まるわけではありませんが、早いに越したことはないですよね。

プログラミング言語が豊富!

世の中には様々なプログラミング言語がありますが、NEOさんは対応プログラミング言語が豊富で、javaやPythonなどのメジャー言語に余裕で対応しています。つまり、たくさんのプログラマーがNEOを利用して様々なソフトやアプリが作れるということです。

マイクロソフトといい関係?

NEOさんはマイクロソフトといい感じの関係のようで、2018年の3月には開発者会議が開催されるようです。先程書いた通りNEOは対応プログラミング言語が豊富なので、こう言った提携が2018年から、ちょこちょことありそうな予感です。

中国政府公認の仮想通貨?

これは噂レベルの話で、正式に発表されていることではありませんが、NEOさんは中国政府の後押しがあると言う噂がネット上には存在します。これが本当なら、アリババとの提携とかも普通にあるかもしれませんね。そうなったら...むふふ

NEOを持っているだけでお金が増える♪

ちなみに、これは3日前まで自分も知りませんでしたw

NEOさんは公式のウォレットに入れとくだけで、GASと呼ばれるトークンがもらえるたようです。自分も早速NEOウォレットをパソコンに入れ、GASをゲットすることにしました。NEOをウォレットに入れる詳しい方法は、下の記事で紹介しているので、興味がある方は覗いてみて下さい。

www.sikisimablog.com

GASは、ウォレットに入っているNEOの枚数で変わってきます。もちろんたくさん持っていれば、その分たくさんのGASをもらえる仕組みです。ゲット出来るGASの枚数は、このサイトから確認できます。

NEO TO GAS

ちなみにGAS自体の価格も変動するので、将来GASの値段が上がれば、その分、利益率も上がるので僕のようにNEOを長期で保有する考えの人は、ウォレットに入れておいた方が断然お得でしょう。

ウォレットに入れてまだ2日目ですが、ちょっとづつ確実に増えている感じ↓

どちらにしろ国内の銀行に預けておくよりも利率は良さそうですね。

NEOを購入できる取引所はここ

そんなNEOさんですが、残念ながら現段階では国内取引所で購入することはできません。NEOの購入は海外取引所のバイナンスKucoinで取り扱っています。興味がある方は、ぜひ下の記事ものぞいてみて下さい↓

www.sikisimablog.com

www.sikisimablog.com

以上、NEOさんネタでした。

てなわけで、今日のところはこの辺で終わります。

追伸

僕のように仮想通貨にどっぷりとハマっている方には、こちらの記事もおすすめです↓

www.sikisimablog.com