しきしまにっき

たんなる日記です

Bitflyer(ビットフライヤー)の口座を開設してみた!アカウントクラスはビジネスが良さげ

ビットフライヤー

どうも。しきしま(@Hisayuki__S)です。

先日、各取引所にはメリットとデメリットがあるので、「とりあえず主要な取引所の口座を開設していこう」という作戦に出たっていうお話をしました。

www.sikisimablog.com

今日は2017年の12月31日!

2018年の本格的な仮想通貨ブームに備えて、Bitflyer(ビットフライヤー)をマイ取引所に追加することにしました。

ちなみに、これで僕の仮想通貨の取引所口座は以下の通りに

随時、下の取引所口座も開設予定です。はい

  • Zaif(ザイフ)
  • QUOINEX(コインエクスチェンジ)
  • GMOコイン

ビットフライヤーで口座開設する方法をサクッと解説

ビットフライヤーの口座開設は、正直ちょっぴり面倒くさかったです。

ただし、画像付きで順を追って書いていきますので、見ながらやればサクッとできちゃうと思います。

てなわけで、まずはビットフライヤーにアクセスします。

そしたら、メールアドレスを入力して「アカウント作成」をクリック。

入力したメールアドレス宛にビットフライヤーからメールが来るので、認証リンクをクリックするか、キーワードをコピーして...

ブラウザに貼り付けます。

そしたら「アカウント作成」をクリック。

利用規約等にチェックを入れて「bitFlyerをはじめる」をクリック

ちなみに仮想通貨の取引スタートまでの流れはこんな感じです。

「まずは取引時確認の入力からはじめる」をクリックして、必要情報を入力します。

名前や住所等を入力

「ご本人情報を登録する」をクリック

「続けてご本人確認資料を提出する」を選択

運転免許証等をアップロードする画面になるので、お好みの書類を選択しましょう。

僕は免許証を選択しました。スマホで撮影して、PCからアップすると簡単!

裏面も忘れずに

そしたら「続けて、取引目的等を確認する」をクリック

該当するところにチェックを付けましょう。

「続けて銀行口座情報を登録する」を選択

お好みの銀行口座を登録しましょう。

僕は三井住友銀行と住信SBI ネット銀行の口座を持っていないので「ゆうちょ」で登録しましたが、この2つの銀行からの入金の方が、おそらく手数料はお得になると思います。

持っている人は、三井とSBIで登録してみて下さい。

これで間違えなれば「銀行口座情報を登録する」をクリック

ここまで登録したら、ビットフライヤーのホーム画面を開いてみましょう。

画面右下でアカウントクラスが見られるようになっています。

「トレードクラス」だと権限は、こんな感じ。

ちなみに、普通に仮想通貨を取引したければ最低でも「ビジネスクラス」にアップグレードする必要がありそうです。

「エグゼクティブエコノミー」なら1日の最大取引量も50万円で十分そうですが、日本円の入出金がNGとのこと。

僕は迷わず「ビジネスクラス」にすることにしました。(もちろん登録は無料)

ちなみに、「ビジネスクラス」にするためには以下の条件が必要とのこと...

ビジネスクラスの条件

  1. 携帯電話認証またはFacebook連携(未)
  2. ご本人情報登録
  3. 銀行口座情報登録
  4. 本人確認書類の提出(未)

上の4つの条件のうち、ここまでの手続きで足りないのは1と4なので、その手続きに進むことにします。

管理画面右下にある「アカウント情報」から設定ができるので確認してみて下さい。

携帯電話認証の設定方法

「Facebook連携」とか面倒くさそうなので、僕は「携帯電話認証」にすることにしました。

「アカウント情報」の欄にある「携帯電話認証」の「未入力」をクリックすると以下の画面になるので、SMSで認証コードを受け取って...

入力すれば、「携帯電話認証」は完了です。

4の「本人確認書類の提出」は、「アカウント情報」欄の「ID セルフィー」から行います。

IDセルフィーの設定方法

本人確認資料(免許証など)とともに、セルフィーをアップロードすればOKでし。

こんな感じ免許を手に持って自撮りします。

ちなみに、初めての人は抵抗があると思いますが、「犯罪収益移転防止法」の関係からセルフィーが必要とのことです。

国内の取引所では大抵この手続きが必要になるので、恥かしがる必要は何もありません。

二段階認証の設定方法

ついでに二段階認証も設定しておきました。

仮想通貨の場合、ハッキングは現実的な脅威なので、セキュリティは自己責任でしっかりと強化しておいた方がいいでしょう。

二段階認証も、「アカウント情報」から行うことができます。

ぜひ、忘れてずに設定しておきましょう。

以上で、ビットフライヤーの口座開設は終わりです。

アカウントクラスが若干分かりづらくて戸惑いましたが結果オーライ!

てなわけで、今日のところはこの辺で終わります。