しきしまにっき

たんなる日記です

「Ledger Nano S」の使い方と初期に理解できずにハマったこと。アルトコインのウォレットや通貨上限数などについて解説します

どうも。しきしま(@Hisayuki__S)です。

前回は「Ledger Nano S(レジャーナノS)」の開封の儀や初期設定なんかについての記事を書きました↓

www.sikisimablog.com

簡単に「Ledger Nano S」に仮想通貨を送金することができたのですが、最初に若干ハマってしまったところがあったので、その辺にも触れながら「Ledger Nano S」の使い方をサクッと書いていきたいと思います。

「Ledger Nano S」の若干分かりづらかったところ...

まずは「Ledger Nano S」を使い初めて若干わかりづらかったところを、いくつかあげときたいと思います。とはいえ、理解できた今はサクサクっと使えてます。はい。

「Ledger Manager(レジャーマネージャー)」って何?

最初に「ん?」って思ったのが「Ledger Manager」というアプリです。

初期設定が終わると「Ledger Manager」という Chromeアプリを入れるのですが正直、

これ何?

これがウォレットアプリだよね?

って感じでした。(← 僕の場合w)

結論から言うと「Ledger Manager」はウォレットアプリではなく、本体(Ledger Nano S)に各通貨のアプリを入れるためだけのChrome拡張アプリ

例えばアルトコインのKomodoを「Ledger Nano Sに入れたいなぁ」って場合は「Ledger Manager」のKomodoのDLボタンをクリックして...

こんな風に「Ledger Nano S」に各通貨に対応したアプリを入れる必要があります。

「Ledger Nano S」には初期で有名どころの仮想通貨アプリしか入っていないので、まだマイナーなアルトコインをハードウェアウォレットに入れたいなら、この手順が必要になります。

マイナーコインのウォレットアプリがないんだけど?

「Ledger Nano S」に通貨を入れるためには、別途その通貨に対応した「Ledger Nano S」のウォレットアプリが必要になります。でもって、これ↓がレジャーナノSのウォレットアプリです。

例えばビットコインなら「Ledger Wallet Bitcoin」というウォレットアプリが必要で、リップルなら「Ledger Wallet Ripple」が必要になります。

ワイDASH入れたいんやけど...

ウォレットどれなん?

て感じですよね。

正直、僕自身ナノSのDASHウォレットアプリめっちゃ探しました(笑)

結論を言うとDASHのウォレットアプリなどありません。

じゃー どうやってDASHを「Ledger Nano S」に入れるかと言うとビットコインのウォレットアプリ「Ledger Wallet Bitcoin」にアルトコインが入ります。

手順はこの「Ledger Wallet Bitcoin」をPC側で開いて...

「Ledger Nano S」の本体の方で、「Ledger Manager」からダウンロードしたDASHアプリを選択すれば...

こんな風にDASHのウォレットを開くことができます。「Ledger Wallet Bitcoin」に「Bitcoin」と書かれているだけなので、正直この辺わかりづらいです。完全にハマりましたw

すべてのアルトコインを試したわけではありませんが、リップルなどのように別途ウォレットアプリが用意されている仮想通貨以外は、「Ledger Wallet Bitcoin」で開けると思います。

「Ledger Nano S」にアプリ3つか4つしか入んないんだけど?

これは買うまで知らなかったのですが、「Ledger Manager」から「Ledger Nano S」に入る各通貨のアプリは3つか4つまでのようです。(※ これはアプリの容量によってインスコできるアプリ数が変わってきます)

じゃー 3つか4つの通貨までしか使えねぇーのかよ?

っていうと、そうじゃありません。

ややっこしいですがアプリは3つ4つしか入りませんが、通貨はそれ以上保管することができます。

つまりたくさんの通貨をウォレットに入れたい場合は、

アプリを一時「Ledger Nano S」から削除

して他の通貨のアプリを入れてから保存すれば、

複数の通貨でも保管可能

です。

もちろん、アプリを消しても仮想通貨の残高は消えることはありません。

全体的に満足していますが、正直、この点だけが「Ledger Nano S」の不満点です。

とはいえ、これだけの種類の通貨を一度に入れられるハードウェアウォレットはないので、少々の不満は仕方がないかなぁと思っています。

さいごに

「理解できずにハマってしまったこと」を書いてみましたが、こう書くとまるで「Ledger Nano S」が使いづらいイメージに聞こえてしまうと思いますが、決してそんな事はありません。

一度理解すれば迷うことなく使うことができる、使い勝手が良いハードウェアウォレットだと思います。

今後も対応通貨等が増えると思うので、色々な種類の通貨を持っている人には「Ledger Nano S」はかなりおすすめのハードウェアウォレットだと思います。

以上、レジャーナノSの使い方等々でした!

てなわけで、今日のところはこの辺で終わります。

追記 「Ledger Nano S」の購入先

「Ledger Nano S」は様々なショッピングサイトでも売っていますが、出どころがハッキリしないモノは万が一の場合が考えられるので、僕は仏Ledger社日本正規販売代理店である「Earth Ship」でレジャーナノSを購入しました。

株式会社 Earth Ship

参考までに追記しておきます。

関連記事

リップルをレジャーナノSで保管する方法を解説した記事です↓

www.sikisimablog.com