しきしまにっき

たんなる日記です

MyEtherWalletの使い方!OmiseGoを対応ウォレットに入れてみた。

どうも。しきしま(@Hisayuki__S)です。

前回は、日本のマックでOmiseGOが使えるようになるまでガチホだ!って記事を書きました↓

www.sikisimablog.com

今回は、そのOmiseGOに対応したイーサリアムの公式ウォレットの使い方を解説したいと思います。

ちなみに、OmiseGOのようにイーサリアムベースで開発された仮想通貨なら、OmiseGO以外でも使えるので「海外の取引所で仮想通貨買ったけど、ちょっと心配...」って方は利用してみて下さい。

※ コインチェックのGOX事件を受け、ハードウェアウォレットでの仮想通貨の管理を始めました。仮想通貨のセキュリティーを高めたい方は、下のページものぞいてみて下さいね↓

「ハードウェアウォレット」に関する記事一覧

MyEtherWalletで新規ウォレットを作成

イーサリアムの公式ウォレットの名前は「MyEtherWallet(マイ・イーサウォレット)」と言います。

このMyEtherWalletはブラウザから簡単に使うことができます。

まずは、MyEtherWalletにアクセス↓

MyEtherWallet

アクセスするとこんな感じの画面が表示されるので、僕のように英語がよく分からない方は、ポップアップ表示されている以外のところを一旦クリックしてみて下さい。するとポップアップが閉じるはずです。

とりあえずサイトを日本語表示させましょう。赤い矢印で示したところから言語設定を変更することができます。

先ほど閉じたポップアップ(ウォレットの注意点)をもう一度見たい方は、再度ウォレットにアクセスすれば見ることができます。

日本語になったら後はサイトの手順通り進めていけばOKです。

まずはパスワードを作成しましょう。9文字以上あれば登録はできますが、セキュリティ対策として20文字以上のパスワードを作成した方がいいと思います。パスワードを入力したら「お財布の作成」をクリック。

続いて「ダウンロード Keystore ファイル...」というボタンをクリックしてファイルをダウンロードしましょう。

このKeystoreファイルですが、ウォレットを開く時に必要になるので、しっかりと保存しておいて下さい。

ダウンロードできたら、「理解できました。続けます。」をクリック!

するとシークレットキー(秘密鍵)が表示されるので、念のためプリントアウトしておきましょう。

このシークレットキーも非常に重要ですので、絶対に忘れないようにして下さい。

また、第三者に知られるとウォレットに保管してある仮想通貨が盗まれる可能性があるので、厳重に注意して下さい。

保管措置ができたら「アドレスを保存して下さい。」をクリックしましょう。

以上でMyEtherWalletの作成は終わりです。

MyEtherWalletを開いてみよう♪

続いてMyEtherWalletにアクセスする方法をサクッと解説しておきます。

「どの方法でお財布を操作しますか?」というおかしな日本語が表示されますが、意味は「どの方法でお財布のロックを解除しますか?」ということです。

先ほどのKeystoreファイルで解除してもOKですし、シークレットキーで解除してもOKです。

今回はシークレットキー(秘密鍵)でウォレットを開いてみたいと思います。

空欄にシークレットキーを入力したらアンロックをクリック!

※ ちなみに僕はシークレットキーとKeystoreファイルのアンロック方法しか分かりませんので、あしからず。

アンロックすると自分のウォレットが表示されます。

「自分のアドレス」欄に送金先アドレスが表示されているので、イーサリアム系のコインをこのアドレス宛に送信すればウォレットに通貨を保管することができます。

ちなみに「Show All Tokens」をクリックするとウォレットに対応している通貨一覧を見ることができるので、ウォレットに入金する前にチェックすることをおすすめします。

一部ですが、MyEtherWalletに対応している代表的な通貨を挙げておきます↓

MyEtherWallet対応通貨(一部のみ記載)

ADX/ALIS/ANT/AVT/BCDT/BCPT/BNT/CDL/CVC/DENT/MANAEDO/ EOS/OMG/POS/PPT/QAU/RLT/SPARTA/SUB/VERI/WINGS/XRL などなど

さいごに

取引所から通貨を送金すると手数料が掛かってしまいますが、海外取引所などは経営難で突然閉鎖!なんてことも無きにしもあらずなので、

大金を突っ込んでいる通貨については、自分のウォレットで管理する

ことをおすすめします。

僕のガチホ銘柄のOmiseGOもバッチリとMyEtherWalletに送金することができました。

送金手数料(テスト送金含む)で273OMGが271OMGになってしまいましたが、これで安心してガチホすることができます。

以上、MyEtherWalletの使い方でした。

関連記事

その他の仮想通貨ウォレットに関する記事はこちら↓