しきしまにっき

とあるフリーランスの単なる日記

とあるフリーランスのマネタイズ術。僕はこんな方法で家族4人を養っています

どうも。しきしま(@Hisayuki__S)です。

前回は、僕がフリーランスになった理由なんかについて記事にしました。

前回の記事の最後の方でお話した通り、僕のマネタイズ方法は次の通りです。今現在では、これらの方法で家族4人を養っています。

僕の生計の柱(マネタイズ方法)

  • アフィリエイト
  • クラウドソーシング
  • サイト運営&ライター業
  • 何かちょこちょこ売る
  • 資産運用
  • アプリ開発

今回は、各マネタイズ方法を掘り下げて語っていきたいと思いますが、これはあくまでも僕の経験に基づく持論ですので、全ての人がこの方法で生計を立てられると言うわけではありません。また、どちらかと言うとマネタイズ初心者向けの記事ですので、既にゴリゴリ稼いでいる人には、何の得にもならない記事ですので、予めご承知ください。

僕のマネタイズ① アフィリエイト

アフィリエイト

僕は2014年からサイト運営を開始し、今では複数のサイトで収益化に成功しています。なんかこう聞くと凄そうに感じると思いますが、収益サイトの数倍の数のサイト運営に失敗して潰してきました。数多くのサイトを潰して来た経験から、とにかくアフィリエイトで収益を稼ぐためには、次の絶対条件が自分的には必要だと思っています。

特化型の場合

条件① 広告があること
条件② 書き続けるネタがあること

雑記型の場合

条件① 広告があること

特化型より雑記型の方がオススメ

特化型のサイトばかり作ってきた僕が言うのもなんですが、特化型より雑記型の方がオススメですし、これからは雑記型の方がマネタイズしやすいと思います。つまりジャンルにとらわれない雑記ブログの方が初マネタイズしやすいと思います。

確かに特化型の方が完成した時にSEO的に強いですが、最近では儲かるネタは大手企業が参入してきてますし、正直、個人では相当な覚悟と継続性がないと大手の数の論理には勝てっこありません。数々のサイトを潰して来た僕の経験上、割とガチで雑記型です。

さらに雑記型は、条件②が必要ありません。なぜなら専門性に縛られる必要がないからです。もう少し詳しく言うと...

  • 自分が経験したこと
  • 自分が大好きなこと
  • 最近興味があること
  • じっくりと考えてお金を払ったこと など

と、条件①「広告があること」が合致すれば稼ぐ準備は9割型成功です。あとは継続するのみです!

ちなみに条件①をクリアするために、僕は2019年現在30個近いASPと契約しています。広告がないことにはマネタイズは始まらないので、まずは広告を見つけることがアフィリエイトでは最優先になります。

僕のマネタイズ② クラウドソーシング

クラウドソーシングは、手軽にマネタイズできる副業のテンプレみないになっていますが、僕はサイト運営と同時期にクラウドソーシングを始めました。「クラウドソーシングって何?」って方のために具体的な名前を出すと、ランサーズなんかがこれにあたります。ちなみに、僕が登録しているクラウドソーシングの中で頻繁に使っているものは、次の通りです。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ など

クラウドソーシングにチャレンジしたことがある人なら感じると思いますが、「作業の割に単価が安い」ですよね!?でもそれって、1、2回作業をして辞めてませんか?これもアフィリエイトと同じで、継続することがマジで重要になってきます。

具体的に言うと、同じクライアントで長いこと作業をしていると、必ずと言っていいほど報酬UPの話がやってきます。もし、長いこと作業をしているのに単価UPの話がないならこちらから振りましょう。もしそれで断られたのなら、クライアントはいくらでもいますので、新しいクライアントに乗り換えれば良いだけです。

日本はまさに少子高齢化で人手不足のようです。クラウドソーシングの分野でも同じで、逆に言えば高単価を狙えるチャンスです。僕自身2014年あたりから、クラウドソーシングを利用していますが、ここ数年で1件あたりの単価がかなり上がっています。

クラウドソーシングには、執筆を始め、画像編集、テープ起こし、アンケート、表計算、アプリ開発等々、ありとあらゆる仕事が眠っています。ここでも自分の興味のあることや、できる事を選べば継続してマネタイズすることができるでしょう。

僕のマネタイズ③ サイト運営&ライター業

サイト運営

サイト運営を長いこと続けていると、SNS経由で仕事の話がちょこちょこと来るようになります。もちろんペラサイトには来ませんが、ASPや大手企業は、ネットでの宣伝が大きな収益になることを知っているので、あるキーワードで上位表示される記事のサイト運営者とコンタクトを取ろうとしてきます。

具体的な例を言うと、あなたのサイトの、とある記事が「オンライン プログラミング 学習」と言うキーワードでググった時に、上位で表示されていれば、それを見た企業は自分の商品を売りたいので、直接またはASP経由で記事作成や広告の設置を依頼してきます。(※ 来ない場合は自分でコンタクトしましょう)

キーワードにもよりますが、1記事あたり数十万円はザラでしょう。仮にキャラ立ちしているなら、寄稿の依頼なんかも来るかもしれません。サイトが成長してくると、ライターとしての執筆依頼でも収益を得ることができると思います。 僕はSNSでのマネタイズは苦手ですが、中にはSNSアカウントを成長させて仕事を獲得している人も多くいます。

僕のマネタイズ④ なんかちょこちょこ売る

お小遣い程度にしかなりませんが、これがなかなか家計には効いてきます。たくさんの人がやっていると思いますが、僕もフリマアプリを活用して、もう使わなくなった物や、読み終わった本、飽きてしまったゲームなどを売って収入の足しにしています。これをやると意外と出費を抑えることができます。

先日もPS4ソフトを5000円位で買って、1ヵ月かけて全クリした後、フリマアプリで売ったら、まんま5000円で売ることができました。送料と手数料で数百円かかりましたが、この一手間で本来なら5000円かかる出費を、数百円に抑えることに成功しました。

個人的にスニーカーや服が好きで、限定品などがあれば並んだり、抽選に参加したりするのですが、これが稀にプレミア価格でフリマで売れたりするので、好きなもの+限定品(希少価値の高いもの)をテーマにすれば、大きくお小遣いを稼ぐことも可能です。

僕のマネタイズ エトセトラ

資産運用とアプリ開発でもマネタイズに成功していますが、この2つはまだまだ人に言えるほどのノウハウがありませんし、偉そうに語られるほど確固たるものがありませんので、今回は割愛したいと思います。あしからず。

さいごに

ざっくりではありますが、僕のマネタイズ方法について紹介してみました。僕の場合はサイト運営から徐々にできることを増やしていった感じです。ネットで完結する仕事は、低予算 OR 無料で始められるものが多いので、お金がかかっていない分、辞めちゃう人も多いのかなぁと思います。逆に言えば、続ける能力がある人なら、パソコン1台で十分に生計を立てられる夢のある時代なんだなぁと思います。

以上、「とあるフリーランスのマネタイズ術。僕はこんな方法で家族4人を養っています」でした。

てなわけで、今日のところはこの辺で終わります。